中日・加藤球団代表「非常に感謝している」 松坂が退団

 去就が注目されていた中日・松坂大輔投手(39)が4日、中日を退団することが決まった。加藤宏幸球団代表(60)はこの日、ナゴヤ球場で松坂と会談。「ウチとしては、もう一回(来年も)やらないかと言いましたが、彼からドラゴンズを退団したいという話があったので、『わかりました』ということを伝えました」と明かした。

 前日3日、加藤球団代表のところに、「退団します」と、電話で連絡が入り、この日、2人は会談を行い、最終確認したもようだ。

 松坂は2018年にテストで中日に入団。6勝を挙げてカムバック賞を受賞したが、入団2年目の今季は、春季キャンプ中、ファンと接触して古傷の右肩を負傷。1軍登板2試合で0勝1敗、防御率16・88に終わった。

 加藤球団代表は「彼のようなスーパースターがドラゴンズで2年間、プレーしてくれて、若い投手は刺激を受けて…。非常に感謝している」とねぎらった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ