サモア戦にリーチ、坂手ら先発 ラグビー日本代表

 日本ラグビー協会は3日、ワールドカップ(W杯)の1次リーグA組第3戦、サモア戦(5日、愛知・豊田スタジアム)に臨む日本代表の登録メンバー23人を発表し、19-12で制した9月28日のアイルランド戦は控えに回ったリーチ(東芝)がフランカーで先発に復帰。ゲームキャプテンはアイルランド戦に続いてフランカーのラブスカフニ(クボタ)が務める。

 アイルランド戦からは先発3人が入れ替わり、フッカーは堀江に代わって坂手(ともにパナソニック)が初先発する。控えにはW杯初出場の懸かるロックのウベ(ヤマハ発動機)らが入り、アイルランド戦で負傷退場したマフィ(NTTコミュニケーションズ)や38歳のトンプソン(近鉄)はメンバー外となった。

 愛知県豊田市で会見したジョセフ・ヘッドコーチは「接戦が多くなっており、ベンチに強い選手がそろっていることも大事。ラブスカフニをゲームキャプテンにすることでリーチの負担を軽減できる」と話した。

 先発メンバーは次の通り。

 FW=稲垣、坂手(以上パナソニック)具(ホンダ)ファンデルバルト(NTTドコモ)ムーア(サニックス)リーチ(東芝)ラブスカフニ(クボタ)姫野(トヨタ自動車)▽バックス=流、中村、松島(以上サントリー)田村(キヤノン)レメキ(ホンダ)ラファエレ、山中(以上神戸製鋼)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ