阪神・山崎、戦力外も「かけがえのない時間だった」

 阪神は2日、岡本洋介投手(34)、小宮山慎二捕手(33)、山崎憲晴内野手(32)、歳内宏明投手(26)に来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。

 鳴尾浜球場に訪れた山崎は「横浜(DeNA)で9年、阪神で2年の(計)11年、この世界にいて。タイガースでの2年間は本当にかけがいのない時間だった。すばらしい環境でやらせてもらって、感謝しています」と思いを述べた。

 今年の8月に椎間板摘出術を受け、復帰に向けてリハビリをしていた小宮山は「(入団してから)16年かな、長いことやらせてもらったので、スッキリしています」と心境を明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ