ソフトバンク、島袋らが戦力外

 ソフトバンクは1日、育成選手の島袋洋奨投手(26)と来季の契約を結ばないことを伝えたと発表した。沖縄・興南高で2010年に甲子園春夏連覇を達成し、中大を経て15年にドラフト5位で入団。1軍での登板は15年の2試合のみで、18年から育成契約となっていた。球団はセカンドキャリアの支援を提案したが、今後については未定だという。

 また、いずれも育成選手の中村晨投手(22)、笠原大芽投手(24)、張本優大捕手(28)にも戦力外通告した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ