巨人・森福、戦力外に「悔しい3年間。まだ野球がやりたい」

 巨人・森福允彦投手(33)が1日、球団から来季の戦力構想から外れたことを通告された。

 東京都内で取材に応じ「憧れである巨人で野球ができたということもありますけど、1年目から自分の中では歯がゆい成績で、2年目、3年目はもっと歯がゆい成績でしたし。悔しい3年間というか」としつつ、「ジャイアンツのユニホームを着られたということは変わりない。着させて、プレーさせてもらったことには感謝したいです」と思いを吐露した。。

 ソフトバンクから移籍3年目の今季は7試合の登板にとどまり、3ホールド、防御率6・23。それでも変則的なフォームを武器にする左腕は、対左打者の被打率・100(10打数1安打)に封じた。イースタン・リーグではチーム最多の41試合に登板し、2勝2敗、4セーブ、防御率1・60と好成績を残していた。

 今後については「まだ言われたばかりですし、まだ全ては白紙ですけど。まだ野球をやりたいですし、野球が好きなので。もしやれるチャンスがどこかであるならば、やりたいという気持ちはあります」と口にした。トライアウトを受験するか否かなどについても未定の状況だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ