アイルランド戦、平均視聴率22・5%! ラグビーW杯

 ラグビーW杯日本大会の1次リーグA組で、NHKが28日に放送した日本-アイルランドの試合後半の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が、22・5%だったことが、30日、わかった。

 NHKは、この試合を午後3時40分から放送。(1)試合前(2)試合前半(3)試合後半と直後の様子(4)試合後、選手らへのインタビュー-の“4部制”で放送した。

 そのうち(3)の午後5時10分から午後6時31分までが22・5%。その他の時間帯の平均視聴率は(1)が6・1%、(2)は15・3%、(4)は21・0%だった。

 番組最高を記録したのは、日本の勝利が決まった直後の午後6時12分に記録された28・9%だった。

 なお、20日に日本テレビ系で放送されたW杯開幕戦、日本-ロシアの平均視聴率は18・3%。28日は土曜夕方の時間帯ながら、アイルランドからの歴史的勝利に国民的注目が集まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ