G山下航、イチロー氏以来の快挙にネット「ゆくゆくは1軍で首位打者」

 プロ野球、イースタン・リーグの全日程が29日に終了し、巨人の新人、山下航汰外野手(18)が打率・332で首位打者を獲得した。同リーグで高卒新人が首位打者になるのは初めて。現在のイースタン、ウエスタンの2リーグ制になって以降、高卒1年目の選手がファームの首位打者に輝くのは1960年の中日・高木守道、92年のオリックス・イチロー(当時は鈴木一朗)以来の3人目の快挙だ。育成選手から這い上がり、7月に支配下選手登録された山下の活躍はネットでも話題になっている。

 この日、山下はロッテ最終戦(ジャイアンツ球場)の八回に代打で登場。中飛に倒れて1打数無安打に終わったが、タイトルを確定させた。

 SNSには「今後の成長に期待ですね」「来季が楽しみや」「来季さらに飛躍して(ヤクルトの)村上(宗隆)のような活躍を期待です!」「素晴らしい1年目だった。でも、ここからが本当の勝負。ここからやで」「来季は1軍定着とレギュラー獲得を目指して頑張れ!!」などのコメントが多数。やはり“イチロー以来”という言葉に反応するファンが多く、「これからが楽しみです、ゆくゆくは1軍で首位打者とってね!!!」「2人とも2000安打を達成している(イチローに至っては次元が違うが)名選手。山下にも追いつけ追い越せで頑張って欲しい」といった書き込みも見られた。

 高校通算75本塁打を放った左の長距離砲として18年育成ドラフト1位で巨人と契約した山下。母校は群馬・高崎健康福祉大高崎高で、第89回選抜高校野球大会では、史上2人目となる1大会2本の満塁弾を放つなど注目を浴びた。10月19日からは来春の選抜につながる秋季関東大会が開幕するとあって、ツイッターには「おめでとう山下航汰 母校は関東大会出場決めたよ」という投稿もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ