ラグビーW杯 アイルランド戦視聴率は関東22・5% 瞬間最高は勝利決定直後の28・9%

 ラグビーワールドカップ(W杯)で、28日にNHKで生中継された日本代表のアイルランド戦の平均視聴率が、関東地区は22・5%だったことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。関西地区は22・8%だった。

 関東地区の瞬間最高視聴率は28・9%で、日本の勝利が決まった直後の午後6時12分。関西地区は28・0%で午後6時11分だった。試合は日本が優勝候補のアイルランドに19-12で勝利した。

 日本テレビ系で20日に放送された開幕戦「日本対ロシア戦」の平均視聴率(関東地区)は18・3%だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ