ウェールズ、初Vへ一丸 豪州相手に逃げ切る ラグビーW杯

 なんとか逃げ切った。ウェールズはSHのT・ウイリアムズが蹴り出しノーサイドを迎えた。D組最大の敵、豪州を破りスタンドを赤く染めた応援団は大歓声を上げた。ウェールズ史上最多となる130キャップ目を刻んだロックのA・ジョーンズ主将は「仕事をやりきれた」と口元を緩めた。

 総合力の勝利だった。前半27分にSOビガーが負傷し、代わったパッチェルは後半3分にゴール正面からドロップゴールを決めるなど14得点と活躍。層の厚さが光った。後半は選手がカバーしあい、ラインアウトからモールで迫る豪州の猛攻を決壊寸前で食い止めた。

 開幕2連勝。D組で頭1つ抜け出した感がある。「自信を付けて次に向かう」とガットランド監督。初優勝へ「レッドドラゴン」の進撃は続く。(五十嵐一)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ