台風18号で中止も ラグビーW杯、福岡のフランス-米国

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は29日、福岡市のレベルファイブスタジアムで10月2日に予定される1次リーグC組のフランス-米国が、台風18号の影響で実施できない可能性があると両チームに連絡したと発表した。

 接近する台風により、九州地方は強い風雨が予想され、試合開催に影響が出る恐れがあるとしている。今後も関係機関や交通各社などと連絡を取りながら、状況を判断する。

 多数の訪日観戦客が滞在している状況を踏まえ「日本では台風は普通で、日常生活への影響は大部分は最小限にとどまる」とのメッセージを出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ