ヤクルト、日本ハム・中島獲りへ!好守としぶとい打撃のFA戦士にロックオン

 (セ・リーグ、ヤクルト2x-1巨人=延長十回、25回戦、巨人14勝11敗、28日、神宮)ヤクルトは28日、今季最終戦となる巨人戦(神宮)に2-1でサヨナラ勝ちし、59勝82敗2分けでシーズンを終えた。来季の新監督には高津臣吾・現2軍監督(50)が就任することが決定的となっており、近日中に発表される。最下位からの巻き返しへ、7月に国内フリーエージェント(FA)権を取得した日本ハム・中島卓也内野手(28)の獲得調査を進めていることが、明らかになった。

 延長十回の末、太田のサヨナラ打で最終戦を制した。今季限りで退任する小川監督は、試合後のセレモニーで「監督としての力が足りず、最下位に終わった。本当に悔しく、ファンの方々に申し訳ない」と言葉を並べた。

 最下位からの巻き返しへ、来季新監督には高津2軍監督の就任が決定的となっている。近日中に発表される見通しの中、チーム再建へ、FA補強を検討していることが明らかになった。

 調査を進めているのが、堅実な遊撃守備とカット打法で知られる日本ハム・中島だ。今季739失点は12球団ワースト。97失策もワースト2位と投手力を含めたディフェンス面が最大の課題となっている。特に遊撃は、西浦が左肘骨折で離脱するなど38試合の先発出場に終わり、奥村は51試合、広岡は40試合…と固定できずに苦しんだ。日本ハムでは主将を務めるなど、経験豊富な28歳は再建に動き出すチーム方針に合致する。

 今季の中島は120試合で打率・220、0本塁打、16打点。若手を積極的に起用する日本ハムの方針もあり、遊撃での先発は91試合にとどまった。新たな挑戦と出場機会を求めて、FA宣言する可能性はある。前日27日に全日程を終了し、中島はFA権行使について「じっくり考えたい。野球選手を辞めた後のことも考えて」と含みを持たせた。

 新生ヤクルトは来季に向けた戦いが始まる。まずは正遊撃手候補の獲得へ、調査を本格化させる。

 ◆最下位のシーズンについてヤクルト・衣笠球団社長 「(5、6月の)16連敗でチームの勢いを止め、そこから浮上できなかった。投手陣の力不足や野手の失策も多かった。外国人選手も含めて補強を実行しないと」

■中島 卓也(なかしま・たくや)

 1991(平成3)年1月11日生まれ、28歳。福岡県出身。福岡工高では三嶋(現DeNA)と同期で甲子園出場はなし。2009年ドラフト5位で日本ハム入団。11年に1軍デビュー。15年には盗塁王とベストナインに輝くなど日本一に貢献。178センチ、72キロ。右投げ左打ち。独身。年俸1億円。背番号9。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ