ラグビーW杯 日本が大金星 強豪アイルランドに19-12 初の8強に前進

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強入りを目指す世界ランキング9位の日本は28日、4万7813人の大観衆を集めた静岡県袋井市の静岡スタジアムで行われた1次リーグA組の第2戦で、世界ランク2位のアイルランドを19-12で破る大金星を挙げた。A組最大の強敵を倒した日本は2連勝で勝ち点を9に伸ばし、8強進出に大きく前進した。アイルランドとは10度目の対戦で初勝利。

 日本は2015年大会で優勝2度の南アフリカを破ったのに続き、2大会連続で優勝候補を相手に番狂わせを演じた。伝統ある欧州6カ国対抗のチームにW杯で勝つのは初めて。

 初戦から主将のリーチ・マイケル(東芝)ら先発4人を入れ替えて臨んだ日本は、前半を9-12で折り返した。後半は途中出場した福岡堅樹(けんき)(パナソニック)が逆転のトライを挙げ、体を張った守りで反撃を封じた。

 日本は10月5日にサモアと戦い、13日にスコットランドと対戦する。(世界ランキングは27日付)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ