ジョセフHC、歴史的大金星に「選手たちを誇りに思う」/ラグビーW杯

 ラグビー・ワールドカップ日本大会1次リーグA組(28日、日本19-12アイルランド、静岡)世界ランキング9位の日本は、同2位の優勝候補・アイルランドを19-12で破り、2連勝とした。3点を追う後半18分に途中出場したWTB福岡堅樹(27)=パナソニック=が逆転トライ。前回2015年イングランド大会で当時世界3位の南アフリカから挙げた勝利(◯34-32)に続く大金星を挙げた。

 悲願の8強へ、2連勝で勝ち点9とした日本は、10月5日に愛知・豊田スタジアムで同16位のサモアと対戦する。

 ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(49)は試合後にインタビューこ答えた。

 --いまの気持ちは

 「何と言っていいかわかりませんが、選手たちを誇りに思いますし、この結果を得られたことをうれしく思います。長年望んできた結果です。長い期間をかけてこの試合について考えてきたので、よい結果を得られたことは大変うれしい」

 --素晴らしいパフォーマンスだった

 「このような試合にも選手全員ができるだけの力をつけてきたということだと思います。そして我々のゲームプランをしっかりと遂行することができました。ここで勝てたことでまた強さが増したと思います」

 --“静岡での衝撃”と言われるかもしれない

 「本当にそうかもしれません。しっかりとプレーできたのもここ(静岡スタジアム)でできたことが大きいと思いますので、次からも頑張ります」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ