今オフも巨人vs広島FA戦線激突へ! 広島は丸に続き野村&会沢流出も?

【江尻良文の快説・怪説】

 広島からFA宣言した丸を獲得した効果で5年ぶりのリーグ優勝を果たした巨人。今オフも野村祐輔投手(30)、会沢翼捕手(31)という広島のFAバッテリーコンビ獲りがささやかれている。

 広島は27日の今季最終戦(対中日=マツダスタジアム)に勝てば3位確定。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで2位DeNAと対戦し、一昨年リーグ連覇しながら日本シリーズ出場を阻止されたCSファイナルステージの雪辱を期すことになる。

 そして、その勢いを駆って巨人をCSファイナルステージで撃破、日本シリーズに出場して“丸ロス”のお返しをする。せっかく敗者復活戦のCS制度があるのだから、ラストチャンスを生かさない手はない。OBたちの鼻息も荒い。「逆転日本一は十分ある。リーグ優勝した巨人には今年も勝ち越しているのだから」と。

 丸のFA移籍に伴う人的補償となった長野にとっても、ラストチャンス。シーズン中は活躍できなかったが、巨人時代に世話になった阿部の引退発表で「最後の恩返しをしたい」と口にしているという。

 昨季までリーグ3連覇しながら悲願の日本一に手が届かなかった。が、今季は敗者復活戦だから、ダメ元でノンプレッシャー。無欲で1984年の古葉監督以来、35年ぶりの日本一に挑戦できるかもしれない。

 まずは緒方監督が「総力戦」を宣言している27日の中日との最終戦に勝たなければ話にならない。引き分けか負けなら、残り3試合の阪神に逆転CS進出の可能性が残る。今季15勝9敗と相性の良い中日が相手だけに、油断さえしなければ取りこぼすことはなさそうだが…ここでつまずくようなら、オフには丸に続き、野村-会沢のバッテリーコンビ流出を覚悟した方がいい。(江尻良文)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ