ドラフトで虎が隠し玉“和製・林昌勇”を指名? ネット「独立リーグの魅力」「名前が出てる段階で…」

 10月17日に行われるプロ野球ドラフト会議に向け、阪神がルートインBCリーグ(BCL)武蔵の松岡洸希投手(19)を“隠し玉”としてリストアップしていることが25日、分かった。サンケイスポーツなどが報じた。ヤクルトでも活躍し、日韓通算386セーブをあげた林昌勇(イム・チャンヨン)を彷彿させる最速149キロのサイドスロー右腕で、このニュースを受け、松岡の存在がネットでも話題になっている。

 高卒1年目の19歳という松岡。埼玉・桶川西高出身で甲子園の経験はない。投手に本格的に転向したのは高3の春で、BCLでは今季32試合に登板し0勝2敗、防御率3・58だった。サイドスロー転向からまだ1年と日が浅く、フォームを改造した春先は制球難に苦しんだが、それも徐々に解消。19日にはBCL選抜として巨人3軍戦に登板し、三者凡退に打ち取った。

 肘を痛めたことが転機となり、林昌勇を参考にしてフォームを改造。NPB5年間で128セーブをあげた元燕の守護神のようにサイドから投げ込む直球は破壊力十分で奪三振率10・24も魅力。25日には、BCL選抜の一員としてオリックス2軍戦(オセアンBS)に登板し、自己最速を更新する149キロを計測した。サンスポによると、特に阪神が熱心だという。

 松岡がメディアに大きく取り上げられたことで、SNSには「高卒選手が1年でNPBに行ける可能性があるのは、独立リーグの魅力ですね。ハングリー精神がありNPB志向が強い選手は、どんどん独立リーグに挑戦してほしいです」という声。珍しい経歴の松岡に「三年の春まで野手でそっから投手に転向してドラフト候補にまで上がる。すごい努力したと思うしカッコいい!プロ野球選手にならないかな」と期待する書き込みもあった。

 フォームについてのつぶやきも目立ち、ツイッターには「サイドスローやアンダーの選手は貴重やからね」「サイドから、ややシュート気味にくるから、右打者は怖いよね笑」といったコメントも見られた。

 今年のドラフトは、最速163キロ右腕の佐々木朗希投手(大船渡)、最速154キロで甲子園準優勝投手の奥川恭伸投手(星稜)、大学ナンバーワンの呼び声高い森下暢仁投手(明治大4年)らが投手として注目を集めている。そのほかにも最速154キロ右腕・西純矢投手(創志学園)や最速153キロ左腕・及川雅貴投手(横浜)などが上位候補に挙がる。そんな背景もあり、ネットでは「(実際の指名は)下位~育成辺りかな」というシビアな声も。また現時点で大きく報道されたことに触れ、「名前が出てる段階で、最早隠し玉ではないのだけど…」とツッコむツイートもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ