広島・永川が引退登板を前に会見「いろいろと限界を感じた」

 広島・永川勝浩投手(38)が23日、広島市南区のマツダスタジアムで引退会見に臨んだ。地元広島出身の右腕は球団最多の通算165セーブを記録するなど526試合に登板して、38勝42敗、79ホールド、防御率3・47。この日の中日戦(同)に先発として打者1人限定で引退登板する。

 --ファンへの引退報告をお願いします

 永川「広島東洋カープで17年、大学卒業して野球をやってきました。今年で引退し、区切りをつけたいと思います。今まで応援ありがとうございました」

 --引退を意識したのは

 「ここ数年はけがもあって、なかなかいい成績を残せなかった。そういうところで、いろいろと考えるところがありました」

 --決心は

 「今年に入ってトレーニングをしても体のどこかが痛くなったり、練習で良いパフォーマンスが出ても、試合で出せなかった。そういうところを総合して心が折れたというところです」

 --今までは困難を乗り越えてきたが

 「若い子ががんばっているなかで、自分がそれと同等以上のボールを投げられなくなって、当然自分で考えないといけない。体のことを考えながら、いろいろと限界を感じました」

 --引退を報告したときの家族の反応は

 「家族には7月ちょっと前、6月半ばに伝えました。反応は大した感じではなかったです。普通にいいんじゃない、という感じでした。僕自身もやりきったという感じはありました」

 --現役生活で一番の思い出は

 「いい思い出は1年目から山本浩二監督に抑えを任せていただいて、そういう道をつくっていただいたこと。この17年は最初にそういうスタートがあったからだと思う。感謝をしているし、いい思い出だった」

 --広島出身でカープに入団。元エースの北別府氏の背番号「20」をつけてプレーをした

 「広島で生まれて、広島で育ってきた。広島東洋カープに誘っていただいて、ものすごくうれしい。広島に帰って、故郷でプレーできるのはすごくいいものという気持ちがあった。広島に愛着があります」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ