貴景勝と栃ノ心、2横綱休場の秋場所で明暗分かれたワケ

 白鵬(宮城野部屋)と鶴竜(井筒部屋)の両横綱が途中休場したことで、賜杯争いが混沌とした大相撲秋場所。そのなかで明暗が分かれた力士がいる。カド番ながら負け越して関脇への陥落が決まった大関の栃ノ心(春日野部屋)と10勝以上をあげたことで大関に返り咲きとなった関脇・貴景勝(千賀ノ浦部屋)である。

 貴景勝は中盤で6日目の遠藤(小結、追手風部屋)戦、7日目の千代大龍(前頭5、九重部屋)戦と立て続けに敗れたものの、12日目には早々と10勝をあげて大関復帰を決めた。12勝3敗で本割の土俵を終え、御嶽海(出羽海部屋)との関脇同士の優勝決定戦こそ制することはできなかったが“1場所での大関復帰”を果たした。

 一方のカド番大関・栃ノ心は14日目に妙義龍(前頭6、境川部屋)との対戦で土がついて負け越しが決まる。千秋楽の結びの一番では大関・豪栄道(境川部屋)にも敗れて6勝9敗に終わり、“2度目の大関陥落”となった。出羽海一門の若手親方がため息交じりに解説する。

 「まさしくガチンコ時代を象徴する場所だった。栃ノ心は10日目に5勝5敗と五分の星に戻したあと、貴景勝、御嶽海、竜電(前頭5)、妙義龍、そして大関・豪栄道と対戦している。貴景勝と竜電は二所ノ関一門だが、残りの3人はいつも稽古をしている出羽海一門の力士だった。

 優勝争いに絡んでいた御嶽海には敗れたものの、6勝7敗で残り2日となり、14日目、千秋楽は同じ一門の境川部屋の2人との対戦だから勝ち越せるのではないか、とも見られていた。ところが、“大関互助会”が発動する間もなく妙義龍戦で負け、千秋楽を前に大関からの陥落が決定した」

 誰にでも加減することなく全力でぶつかっていくガチンコ力士が全盛の時代だからこそ、先の計算が全く立たない終盤戦となったのだ。古参力士のひとりが続ける。

 「両横綱が途中休場しなければ、違った結果になっていたかもしれない。そもそも、優勝ラインが12勝まで下がらなかっただろうし、とりわけ貴景勝と栃ノ心の明暗は逆転していた可能性がある。両横綱は、同郷の横綱・日馬富士(当時)による暴行事件を徹底的に追及した貴乃花親方とその弟子への反発が強く、特に白鵬は貴景勝との一番は厳しい相撲を取ることで知られている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ