阪神・掛布SEA、甲子園で最後の仕事 オーナーと視察、試合前には燕・小川監督ねぎらう

 今季限りで退団することが決定している、阪神の掛布雅之オーナー付きシニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)(64)が11日、甲子園球場を訪れ、習志野高の後輩で同じタイミングでユニホームを脱ぐヤクルト・小川淳司監督(62)の労をねぎらった。

 試合前に監督室を訪れた掛布SEAは「(高校の)後輩だし、お疲れさまということで」と説明。「一時、16連敗があったのは苦しかったでしょうけど、村上くんも育っている。山田選手を(2011年の)中日とのCSでいきなり起用したり、優しそうだけど大胆な監督だったね」。試合中には藤原オーナーと一緒に一戦を視察し最後の職務を終えた。(山戸英州)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ