準備室長に佐々木元なでしこ監督 女子プロサッカー、2021年開幕目指す

 日本サッカー協会は12日、女子プロリーグ発足に向けて設置した「女子新リーグ」設立準備室長に前女子日本代表監督の佐々木則夫氏(61)が就任したと発表した。2021年の開幕を目指して、年内に可否を判断する。

 準備室は佐々木氏のほか日本協会やプレナスなでしこリーグ関係者、有識者ら12人で構成され、週1回会議を開催。6~8チームでスタートし、4季は降格を行わない原案を元に議論を進める。

 佐々木氏は都内で会見し「日本の女子サッカーは陰りを見せている状況。女子サッカーと女性のスポーツ文化を飛躍させるためにアクションする」と力を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ