阪神・青柳、8勝目の権利を持って降板も「悔いが残ります」

 阪神・青柳晃洋投手(25)が11日のヤクルト戦(甲子園)に先発し、5回2/3を6安打3失点。今季8勝目の権利を手にして降板した。

 「野手の方々に大量援護を頂いたので本来はもう少し長いイニングを投げなければいけなかったのですが、イニングの途中でマウンドを降りてしまい悔いが残ります」

 五回まで村上のソロのみの1失点と好投。しかし打線が4点を追加し6-1とリードを広げた直後の六回に4安打を浴びて2失点。粘りきれず、険しい表情でマウンドを降りた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ