大坂を表彰 全米テニスで敗者へ気遣い 称賛集める

 米国テニス協会は5日、開催中の全米オープンで試合後に対戦相手を気遣った行為が称賛を集めた大坂なおみ(日清食品)を、女子の「全米オープン・スポーツマンシップ賞」に選出し、表彰したと発表した。トロフィーと寄付先を指定できる5000ドル(約53万5000円)を受け取る。

 大坂選手は8月31日のシングルス3回戦で勝利後に15歳のコリ・ガウフ(米国)を抱擁し、センターコート上でのインタビューを一緒に行うように促した。その様子は会員制交流サイト(SNS)でも拡散された。

 同協会は「コート上のプレーよりもさらに素晴らしいスポーツマンシップを見せた。テニスをプレーするわれわれ全員にとって真のロールモデル(手本)となってくれたことに感謝する」とのコメントを添えた。

 同賞はフェアプレーやコート上の態度が模範的な選手に授与され、2016年には錦織圭(日清食品)を表彰。今年の男子はディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)が選ばれた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ