西武・秋山のメジャー挑戦報道にファン複雑? 「ぜひ成功して欲しい」「残って欲しいなぁ」

 20日に海外フリーエージェント(FA)権を取得するプロ野球・西武の秋山翔吾外野手(31)が、今オフに権利を行使することが確実であるとサンケイスポーツなどが19日に報じた。日本球界が誇る安打製造機がメジャー移籍を選択肢としているとの報道にネットも大騒ぎ。秋山のチャンレジを後押しするコメントがあふれる一方、レオ党からは複雑な思いがもれるなど、さまざまな声が交錯している。

 今季が3年契約の最終年。昨オフの契約更改交渉の席で、秋山は球団から新たに提示された大型の複数年契約を固辞していた。昨年末に出演したラジオ番組ではメジャー挑戦の可能性を示唆した。

 SNSでは、この挑戦を支持する声が多く、ツイッターには「久々の打者のメジャー挑戦。ぜひ成功して欲しい」「唯一、ひいき球団以外の推し選手。行くなら成功して欲しい…」「一度きりの人生、一度は世界最高峰ってやつを見たいって気持ちは十分理解できる」などの書き込みが集まった。すでに覚悟を決めていたというファンは「行ってこい!!こちとら昨年から腹くくって1試合でも多く見聞きするって決めてるんだ!!」とツイートした。

 一方、西武ファンは秋山のメジャー挑戦報道に複雑な心境を吐露。SNSには「彼が抜けると大幅な攻撃力ダウンだ。現状の西武では残って欲しいです」「もちろん選手の気持ちが1番で海外で頑張ってほしいとも思うけど やっぱりこれからも西武で『1番・センター・秋山翔吾』でいてほしい」など、チームの戦力低下を懸念する声が並んだ。また昨年だけでも米大リーグ、マリナーズ・菊池雄星投手(28)や楽天・浅村栄斗内野手(28)らが移籍するなど、近年、主力選手の流出が続く球団に対し「西武いい選手がどんどんいなくなってるからさびしい 残って欲しいなぁ」「これだけ流出が続くと、素直に応援!という気持ちも失せる」と嘆くファンも少なからずいた。

 ペナントレース終盤に報じられた今回のニュース。勘がいいファンからは「もうトレンドに西武秋山って出てた瞬間に嫌な予感しかしなかったけどさあ、、」などの声。また19日現在、チームは首位ソフトバンクを6ゲーム差で追う2位につけているだけに「複雑。。。アキなら絶対通用すると思うし。。。とにかく今は鷹を追いかけないと!」というコメントも見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ