桐生“ピンなし”新スパイクで10秒05

 陸上のナイトゲームズ・イン福井が17日、行われ、男子100メートルで桐生祥秀(日本生命)が10秒05で優勝した。

 代表選考などが懸かっていない今大会に、男子100メートルの桐生は“ピンなし”スパイクを履いて出場した。アシックス社と開発中の新製品で、くつ底は独特の突起形状になっている。関係者によると、春先から試作がスタートし、先月から練習で使い始めたばかりだという。

 優勝タイムは10秒05と、期待された日本記録は出せなかったが、桐生は「試合で初めてはいてドキドキした。刺さる感じがほぼない。ピンなしでも走れるのが分かった」と一定の手応えを得た様子だった。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ