星稜、下位打線が躍動 奥川も存在感示し3回戦へ

 全国高校野球選手権大会は13日の第2試合で星稜(石川)が立命館宇治(京都)に6-3で勝ち、5年ぶりに3回戦へ進んだ。星稜は好投手、奥川が注目を集めるが、決してワンマンチームではない。この日は7番福本が3安打1打点、8番岡田が2安打3打点と、脇を固める打線下位の選手が活躍した。

 初戦の旭川大高戦では出番がなかった福本が、打線を引っ張った。二回に中前打で出塁し先制のホームを踏むと、2-0で迎えた六回無死一、二塁では右翼手の頭上を越える適時二塁打。岡田も適時打で続き、リードを5点に広げた。石川大会では10打数無安打と全く振るわなかった福本だが「タイミングが合わず、内容の悪い凡退ばかりだった」と反省。バットの軌道を修正し、しっかり球をたたける感触を取り戻してきた。

 投げては先発の2年生右腕、荻原が5回を1安打無失点と好投。六回途中から3番手で登板した奥川も甲子園歴代2位の154キロを記録するなど存在感を示し、4投手の継投で逃げ切った。選手それぞれが自分の仕事をしっかり果たし、チームは一丸となって初の頂点に挑む。(上阪正人)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ