履正社が津田学園に快勝 夏の甲子園第8日第1試合

 全国高校野球選手権大会第8日は13日、甲子園球場で2回戦が行われ、履正社(大阪)が津田学園(三重)を7-3で下して、3回戦に進んだ。

 履正社が快勝した。二回に清水の適時打で1点を先制。三回は桃谷の二塁打など5長短打を集めて5点を挙げた。各打者とも振りが非常に鋭く、打球が伸びた。清水は適度な荒れ球が効き、9奪三振で3失点完投した。

 津田学園の前は制球がややばらつき、甘く入ると痛打された。打線は中盤以降に清水を捉えたが、序盤の失点が響いた。

▽履正社(大阪)-津田学園(三重)

 (8時00分、観衆4万1000人)

津田学園000 011 010-3

履正社 015 001 00×-7

(津)前、降井、前-阿萬田

(履)清水-野口

 ■履正社・岡田監督「清水は初戦(六回途中5失点)のこともあり、最後まで投げさせるつもりだった」

 ■同・野口主将「1回戦よりも落ち着いてできた。前君を打ち崩せば勝てると思っていた」

 ■津田学園・佐川監督「(相手打線に)失投を逃さず1球で仕留められた。想像をさらに上回っていた。これが本当の全国レベルと感じた」

 ■同・石川主将「序盤に打たれても、諦めずに1点ずつと思っていた。いいピッチャーがいるのに野手が打てなくて申し訳ない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ