坂本花織、今季初戦SP6位 フィギュア・サマーC

 フィギュアスケートの「げんさんサマーカップ」は11日、滋賀県立アイスアリーナで女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨季全日本選手権女王の坂本花織(シスメックス)はジャンプでミスが出て58・62点の6位だった。3月の世界ジュニア選手権5位の白岩優奈(関大KFSC)が68・52点でトップに立った。

 今季初戦の坂本は新演目の「ノー・ルーツ」を演じたが、冒頭の2連続3回転ジャンプの後半で着氷が乱れると、終盤の3回転ループでも転倒し「久々の試合で脚が震えて練習でやっていたミスがそのまま出た。ジャンプを早く戻したい」と顔をしかめた。

 白岩は3つ全てのジャンプを鮮やかに決めての高得点に「昨シーズンの自己ベストを超えられてうれしい」と頬を緩めた。2018年世界選手権2位の樋口新葉(わかば)(明大)は48・92点で15位だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ