山形・鶴岡東、中盤に逆転 激戦制す

 第101回全国高校野球選手権大会第4日の9日、第4試合で高松商(香川)と戦った鶴岡東(山形)は6-4で勝ち、2回戦進出を果たした。

 鶴岡東は二回、連続四球で2死一、二塁のチャンスを作るが、後続が倒れ得点につながらない。その裏、相手に先制点を奪われ、三回にも1点をとられる。相手に試合の主導権を握られる。

 序盤は相手エースに封じられていた鶴岡東だったが、0-2で迎えた五回に打線が奮起。先頭・宝田の左前打などで1死二塁とすると、1番・河野の左前適時打で1点を返す。さらに相手投手の制球の乱れなどで2死満塁にチャンスを広げると、5番・丸山の2点適時打で逆転に成功する。

 直後の六回には2死満塁のピンチを招いたが、先発・影山が三振に打ち取る。継投のエース・池田も粘り強い投球で流れを渡さない。鶴岡東は終盤にも着実に加点し、接戦を制した。

 佐藤俊監督は「投手陣が粘り強く、持ち味を出してくれた」と振り返った。(浅上あゆみ)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ