鶴岡東・佐藤監督、先発・影山の好投に納得顔

 第101回全国高校野球選手権大会第4日は9日、兵庫・甲子園球場で1回戦が行われ、第4試合の鶴岡東(山形)-高松商(香川)は、6-4で鶴岡東が勝ち、2回戦進出を決めた。

 2点を先行された鶴岡東は、五回に6番・丸山蓮外野手(3年)の適時2点打など3本の長短打で3点を奪って逆転。八回にも1点、九回に2点を加え、影山雄貴投手(3年)、池田康平投手(3年)と両左腕の継投で4失点に抑えた。

 鶴岡東・佐藤俊監督は「後半勝負と、先発投手がいけるところまでと思っていたが、影山が六回まで投げることができ、いい結果になった。打線は特に左投手(高松商・香川)対策もしなかった。ふだんの練習の積み重ねがうまくいったのでしょう」とうなずいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ