習志野が延長十回逆転勝ち、吹奏楽部の“美爆音”も全開 甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会第4日は9日、1回戦第3試合が行われ、習志野(千葉)が沖縄尚学(沖縄)に延長十回5-4で逆転勝ちして初戦を突破した。

 習志野は3-4で迎えた九回1死一、三塁から角田勇斗遊撃手(2年)の左前適時打で同点に追い着いた。十回には1死二塁から和田泰征内野手(2年)が中越え適時二塁打を放ち、5-4と勝ち越した。

 小林徹監督は「ホッとしています。紙一重だった。ウチに少し運があった。力がないのでバントやエンドランなどでつないで4、5人で1点を取るチームです」と接戦を制して安堵(あんど)の笑みを浮かべた。

 今春の選抜大会準優勝校が、持ち前の粘りを遺憾なく発揮。一塁側アルプス席に陣取った吹奏楽部は、いまや全国的に有名になった“美爆音”で選手を後押しした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ