星稜・奥川、94球3安打10Kで完封/甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会第2日第3試合(星稜1-0旭川大高、7日、甲子園)星稜の最速158キロ右腕・奥川恭伸(3年)が、3安打10奪三振の力投で完封勝ち。球数は94球でこの日の最速は153キロだった。

 奥川が一回、旭川大高を三者三振に仕留めると、味方が二回に大高の左前適時打で先制した。奥川は六回以降、一人の走者も出さない完璧な投球で、旭川大高のエース能登との投げ合いを制した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ