八戸学院光星・下山が“令和甲子園初弾”初出場の誉に圧勝

 第101回全国高校野球選手権大会第1日は6日、1回戦第1試合が行われ、初出場の誉(愛知)は八戸学院光星(青森)に0-9で敗れ、甲子園初勝利を逃した。

 先発したエース左腕・杉本恭一投手(3年)が独特の緊張から一回に3四死球で満塁を招き、6番・下山昂大内野手(3年)に真ん中に甘く入った直球をとらえられ、左中間へ“令和甲子園初弾”となるアーチを浴びた。

 「投げた瞬間に『やばい』と思ったけど左飛かと思った。(甲子園は)甘くないな、と思った」

 その後、六回から右腕・山口伶生投手(3年)にスイッチするなどしたが、2人で9四死球を与えるなど制球に苦しみ、流れを呼び込めず。打線も2投手の継投の前に4安打で得点することができなかった。

 敗戦に林山侑樹主将(3年)は「魔物が棲んでいるともいわれる。自分たちのプレーができずに終わってしまった」。一方で試合前の開会式では堂々と選手宣誓をやり遂げた。大役の経験には「令和初としてここまで来るには初出場ということもあって多くの人に支えられたので、感謝の気持ちでやりました。この大舞台で選手宣誓ができて度胸がついたので、どんなことにも挑戦する力が養えた。100点です」と前向きだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ