大阪桐蔭・中野主将が優勝旗返還「勝てない苦しさを味わった」/高校野球

 令和で初めての甲子園大会となる第101回全国高校野球選手権大会が6日、開幕した。甲子園球場で開会式が行われ、昨年の前回大会を制した大阪桐蔭の中野波来主将(3年)が優勝旗を返還した。

 大阪桐蔭は今夏の大阪大会準々決勝で敗退し、中野主将は1人で行進に参加した。同級生からは「キャプテンとして胸を張ってやってこい」と言葉をかけられたといい、堂々と大役を果たした。

 「大阪桐蔭は常勝軍団と周りから見られ、勝てない苦しさを味わった。後輩にはこの1年で味わったことの全てを伝えたい」と下級生に期待を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ