日本ハム・清宮が9秒台の男と競演

 日本ハム・清宮幸太郎内野手(20)が2日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)前に日本を代表するスプリンターから刺激を受けた。この日、ファーストピッチを務めた陸上男子100メートルで日本人3人目の9秒台をマークした北海道小樽市出身の小池祐貴(住友電工)が試合前の練習を見学。練習後に会話を交わすチャンスに恵まれた。

 「第一印象は、筋肉の付き方とか体つきが違う。すごく頭を使うじゃないですか、そこにひかれました」と目をキラキラ。記念撮影や握手を交わすだけでなく、先輩の杉谷とともに小池の太ももを触らせてもらい、「体の使い方など、すごく勉強していて、さすが慶応(大学出身)だなと思いました」と感激の面持ちで話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ