甲子園・都代表2校が小池知事に活躍誓う

 第101回全国高等学校野球選手権大会東・西東京大会で代表となった関東第一(江戸川区)と国学院久我山(杉並区)の監督、選手ら約50人が31日、都庁に小池百合子知事を訪ね、8月6日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する全国大会での活躍を誓った。

 都内271校、259チームの頂点に立った両校。3年ぶり8回目の出場となる関東第一の渋谷嘉人主将は「恥のない全力プレーで甲子園で1勝する」と決意表明し、28年ぶり3回目の出場を決めた国学院久我山の中沢直之主将は「東京のほかの高校の思いを背負って頑張りたい」と力を込めた。

 小池知事は「多くの方への感謝の気持ちを忘れずに勝利を勝ち取ってほしい」とエールを送った。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ