ゴルフ界の錦織になる!IMGアカデミー・森下「将来は米ツアーで…」/フジサンケイジュニア

 ジュニアゴルフの夏のビッグイベント「TOMAS CUP 2019 フジサンケイジュニアゴルフ選手権」は31日から2日間、千葉・ロイヤルスターGCで開催される。指定練習日の30日は出場選手が会場で調整。ジュニアオープンの部(7034ヤード、パー72)には森下響(きょう、16)=IMGアカデミー1年=ら68人が出場。小学生の部(5445ヤード、パー72)には13人が出場する。

 世界的スポーツエリート軍団から“刺客”が参戦だ! 初出場の森下はこの日、18ホールを回って調整。虎視眈々(たんたん)と初優勝を狙う。

 「コースは短いが、ラフが長くて大変。(優勝して来年の)フジサンケイクラシックに出られたらいいですね」

 16歳にしてドライビングディスタンス300ヤードの飛ばし屋。中学2年の秋、世界の有力アスリートたちが通う総合スポーツ教育施設「IMGアカデミー」(米フロリダ州)に“留学”した。男子テニスの錦織圭(日清食品)も通った名門。寮生活で、授業も友人との会話も全て英語だ。入学から3カ月は言葉に苦しんだが、「自然と分かるようになった」。

 ゴルフはレベルごとに11チームに分かれ、森下は昨年の「全米ジュニアアマ選手権」で優勝したマイケル・トルビョンセン(米国)らと同じトップチームで腕を磨く。同アカデミーに通う男子テニスで同学年の望月慎太郎(Team YUKA)とも交流があり、今月の「ウィンブルドン・ジュニア選手権」で日本男子初優勝を果たした際はインスタグラムで祝福した。

 「将来は米ツアーで稼げるだけ稼ぎたい」と森下。一躍脚光を浴びた望月に続くべく、房総の地から全国へ名前を響かせる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ