宇野昌磨、新シーズンはメインコーチ付けず「僕一人で今季はやっていく」/フィギュア

 フィギュアスケート男子で2018年平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=が15日、メインコーチを付けずに新シーズンに臨む異例の意向を示した。愛知・豊田市内で公開された有力選手による強化合宿で「僕一人で今季はやっていくと思う」と説明した。

 5歳の頃から師事した山田満知子、樋口美穂子両コーチの下を6月に離れた。今後は地元の中京大に拠点を置き、元五輪代表の本田武史氏からジャンプの指導を仰ぎ、新たなコーチを探す。

 6月中旬から1カ月間、ロシアに渡って名伯楽のエテリ・トゥトベリーゼ氏に師事した。9月にはスイスに向かい、五輪メダリストのステファン・ランビエル氏から指導を受ける予定だ。

 曲は絞られているものの、新シーズンのプログラムはまだ決まっていない。フリーでは、エキシビションのように観客を楽しませる演技を思い描く。「今までとがらっと変わったプログラムをやるのが楽しみ」。新たな挑戦を前向きに捉える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ