村田諒太が“男泣き”&ファンに謝罪「僕のほうがオッズ低かったんで損させたかな」

 WBA世界ミドル級タイトルマッチ(12日、エディオンアリーナ大阪)前WBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=が同級王者ロブ・ブラント(28)=米国=に2回TKO勝ち。大差の判定負けで王座から陥落した昨年10月以来約9カ月ぶりの再戦で、ベルトを奪還した。

 鳴り止まない拍手と歓声。王座を奪回した村田はインタビューで「ありがとうございます!」と潤んだ目で表情をゆがめた。「練習した通りのことができたので、すごいよかったです」と試合を振り返り、「チーム帝拳は最高です。チーム帝拳のみんなありがとう」と感謝の言葉を叫んだ。ブラントについては「彼も前回と違う戦い方で来て、すごく面食らった部分もあった」とし、日本や世界中のファンに「僕もありがとうと言いたいです。ただ謝らないといけないこともあって、記事を見てたら、オッズが僕のほうが低かったんで、結構損させたかなと思うんで、申し訳なかったです」とユーモアで会場を沸かせた。「帝拳ジムが僕にまた居場所をくれました。だから、チーム帝拳に世界チャンピオンがずっといなきゃいけないと思っているし、僕のバトンを渡せる選手が出るまで頑張りたいです」と誓った。

■村田 諒太(むらた・りょうた)

 1986(昭和61)年1月12日生まれ、33歳。奈良市出身。南京都高(現京都広学館高)時代にインターハイ個人連覇など5冠。2011年世界選手権では日本選手初の銀メダルを獲得した。12年ロンドン五輪ミドル級では日本勢48年ぶり2人目の金メダル。13年4月にプロ転向を表明。同年8月プロデビュー。17年10月にWBA世界同級王座を獲得し、4月に初防衛。18年10月にブラントに判定負けし王座陥落。プロ戦績は17戦15勝(12KO)2敗。右ボクサーファイター。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ