阪神・近本が盗塁成功「機会があれば走りたい」有言実行/球宴

 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が12日、「マイナビオールスターゲーム2019」の第1戦(東京ドーム)に代走で出場。果敢に初球からスタートを切り、二盗を成功させた。

 「(見てほしいのは)自分の武器である足。足を生かして、魅せることができたら。機会があれば走りたいですね」

 試合前から意欲にあふれていたが、出番は六回。1死から巨人・丸が右前打を放ち、代走として一塁へ。楽天・松井-西武・森のバッテリーが警戒する中、初球からスタートを切った。送球が少し浮く間に、左足を二塁ベースに突き刺し、審判が両手を広げた。後続こそ倒れたが、自慢の快足で12球団のファンを沸かせた。

 阪神の球団新人がオールスターで盗塁を決めたのは2016年の高山以来、3人目。きょう13日の第2戦は本拠地・甲子園で行われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ