ノムさん代打に燕党「泣くやろ」「すごい…何か…すごいなあ」

 プロ野球・ヤクルトの球団設立50周年を記念した初のOB戦「オープンハウス presents Swallows DREAM GAME」が11日、本拠地の神宮球場で行われた。野村克也監督(84)率いる「GOLDEN 90’S」と若松勉監督(72)=ともにサンケイスポーツ専属評論家=の「Swallows LEGENDS」が対戦した。ツイッターでは「ノムさん」がトレンド入りするなど、レジェンドが集結した試合にファンたちが盛り上がりを見せていた。

 四回には、野村監督が代打で登場。教え子の古田さんらに支えられながら打席に立ち、空振りも披露。「申告敬遠」で打ち切りとなったが、ヤクルトファンに元気な姿を届けた。

 SNSでは“代打・野村克也”に「まさかノムさんが打席立つとは」「ノムさんが打席に!!すごい...何か...すごいなあ...」といった驚きの声。「ノムさん楽しそう」「ノムさんはユニホームが似合う」と喜びのコメントや、「古田さんと真中さんがノムさんを支えてて、ノムさんが笑顔とか泣くしかないじゃん」「こんなん泣くやろこんなん 立つのもおぼつかなくてみんなが支えて、バットも杖にしかなってないのに、打席に立ったらしっかり構えてるんだ…ノムさん…」など、打席に立つ野村監督と、それを囲む教え子たちの姿に感動したとの声が寄せられた。

 球団初のOB戦は、野村監督が厳しくも愛情のこもった言葉で締めくくった。現在、チームは借金14で最下位に沈む。チームを指揮する小川監督を横に「何をやっているのか!というのが今の私の正直な気持ち」とのぼやき。「私の残された人生、こんなに寂しいことはありません。一日も早く最下位を脱出して、優勝戦線に加わってください」と後輩たちを激励した。野村監督からの言葉に、ネットでも「ファンが今思ってることをノムさんが監督に直々(?)に言うボヤキwwwほんと最下位だけは脱出してください(笑)」「ノムさんからありがたいお言葉。浮上するしかない!後半戦から勝ちまくろう!」「ノムさんのためにも最下位脱出するぞー!」と、チームを鼓舞する言葉の数々が上がっていた。

 また、「毎年やって欲しい」「5年に一回でいいからやって欲しい」「また60周年でやって欲しいです」などといった、OB戦が再び開催されることを望む声も見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ