出川哲朗、憧れの左腕の前で大感激 ヤクルトOB戦

 ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents Swallows DREAM GAME」が11日、神宮球場で開催された。球団ファンクラブの名誉会員を務めるシンガー・ソングライターのさだまさし(67)、タレントの出川哲朗(55)がオープニングセレモニーを彩った。

 さだは今季の本拠地開幕戦に続き、神宮で君が代を独唱。「公式戦だと、オレのせいで負けちゃいけないと緊張しますけど、きょうは気が楽でしたね」と雨空に歌声を響かせた。出川は神宮で初めての始球式に登場。憧れの左腕・安田猛の「22」のユニホームで、その安田に白球を手渡してもらい大感激していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ