錦織はフェデラーに逆転負け 日本男子86年ぶりウィンブルドン4強逃す

 テニスのウィンブルドン選手権第9日は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準々決勝で第8シードの錦織圭(日清食品)は第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に6-4、1-6、4-6、4-6で屈し、同種目の日本勢で1933年大会4強の佐藤次郎以来86年ぶりの準決勝進出を逃した。四大大会で20度優勝を誇るフェデラーは大会通算100勝目を飾った。

 第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)はサム・クエリー(米国)を7-5、6-2、6-2で下した。準決勝でフェデラーと対戦する。

 ロベルト・バウティスタ(スペイン)はギド・ペラ(アルゼンチン)を7-5、6-4、3-6、6-3で退け、四大大会初の4強入り。準決勝で2連覇を狙う第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に挑む。

 混合ダブルスのアンディ・マリー(英国)セリーナ・ウィリアムズ(米国)組は3回戦で敗れた。(共同)

 ■錦織圭の話「自分のプレーが継続できなかった。2セット目以降はずっとサービスゲームがつらかった。ミスが後半、多かった。強いフェデラーとやれたのはすごくいい経験になった」

 ■ダンテ・ボティーニ・コーチの話「錦織は手堅いプレーをしたが、第1サーブのミスが多かった。(第2セット以降は)フェデラーがキックサーブをよく使ってきて、リターンのタイミングもつかめなかった」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ