フェデラー、芝の聖地で通算100勝目 スーパーショット連発/ウィンブルドン

 テニス・ウィンブルドン選手権第9日(10日、オールイングランド・クラブ)男子シングルス準々決勝で、第8シードの錦織圭(29)=日清食品=が、第2シードのロジャー・フェデラー(37)=スイス=に6-4、1-6、4-6、4-6で逆転負け。日本男子で1933年大会4強の佐藤次郎以来、86年ぶりの準決勝進出はならなかった。

 最多8度優勝を誇るフェデラーが、大会通算100勝目を飾った。芝の聖地では錦織と初対決。第1セットは落としたものの、第2セットからギアを上げた。得意の片手打ちバックハンドを武器にスーパーショットを連発。最後は強烈なサービスエースでマッチポイントを奪い、センターコートを埋めた観客を総立ちにさせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ