紀平、来季フリーに4回転 坂本は「思うままに」 アイスショーに出演

 フィギュアスケート女子で2018年グランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花(関大KFSC)、全日本選手権女王の坂本花織(シスメックス)らが28日、横浜市のコーセー新横浜スケートセンターで開幕したアイスショー「ドリーム・オン・アイス」に出演。氷上で華麗な舞を披露し、会場を沸かせた。

 演技後、紀平は取材に応じ、来季のフリーのプログラム冒頭に、4回転サルコージャンプを組み込むことを明言した。曲は複数の曲を組み合わせた「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」。さらにトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も2本跳ぶ高難度の構成で、「一試合目から安定感を出せたら」と意気込んだ。

 この日、来季のショートプログラム「ノー・ルーツ」を初めて披露した坂本は、「アップテンポのかっこ良い系の曲だが、ステップが難しい」と説明。冒頭の連続ジャンプで着氷するなど、順調な仕上がりを見せた。来季に向けては「気持ちの思うままにやりたい」と自然体を強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ