27日9秒台競演!サニブラウン、荒天予報にも自信「雨は慣れっこ」/陸上

 “9秒台男”のガチンコ対決だ! 陸上の世界選手権(9-10月、ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権が27日、福岡市の博多の森競技場で開幕する。男子100メートルの日本記録保持者、サニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が26日、会場で会見し、大会期間中の荒天予報にも自信をみなぎらせた。前日本記録保持者の桐生祥秀(23)=日本生命=も5年ぶりの優勝へ強い意欲を示した。

 梅雨空の博多を、じめじめとした空気が包む。雨音が響く会見場で、サニブラウンが自嘲するように笑った。

 「自分が出る日本選手権は、全部雨。たぶん自分のせいですね」

 気象庁はこの日、九州北部が梅雨入りしたとみられると発表。大会が終わる30日まで博多は雨予報だが、“雨男”は意に介さない。「慣れっこなので大丈夫」。短距離2冠を成し遂げた2年前、雨中の100メートル決勝で大会記録の10秒05をマークした経験を糧にする。

 7日の全米大学選手権で9秒97の日本記録を樹立した。出生地の福岡での凱旋(がいせん)試合で、日本でのレースは2年ぶり。今大会は例年に比べて1日長く、開催期間は4日間。短距離2冠を目指すサニブラウンのように、複数種目に臨む選手のコンディションを考慮した措置だ。気象条件は気がかりだが、記録更新へ期待が膨らむ。

 20日の帰国後は「ホテル雅叙園東京」で食事を堪能し、英気を養った。9秒98の自己記録を持つ桐生らとの争いで、史上初となる9秒台決着の可能性もある。100、200メートルともに優勝でドーハ行きが決まる。2度目の2冠となれば1977、79年大会を制した豊田敏夫以来40年ぶりだ。

 「タイムうんぬんより、良い内容で走れればいい。自分の走りができれば満足」。気候にも好敵手の存在にもとらわれない。日本最速の男から風格が漂った。 (鈴木智紘)

★陸上・世界選手権への道

 男子100メートルの出場枠は最大3。(1)日本陸連が定める参加標準記録(10秒10)を満たした日本選手権優勝者(2)4月のアジア選手権で個人種目を制した日本選手権優勝者-などの順で切符が与えられる。2020年東京五輪の参加標準記録(10秒05)を突破している選手で、世界選手権のトラック、フィールド個人種目で最上位のメダリストは五輪代表に内定する。

★福岡の天気は?

 気象庁が26日午後5時にホームページで発表した週間予報によると、男子100メートルの予選と準決勝が行われる27日は雨で、決勝がある28日は曇り。同200メートル予選の29日、決勝の30日はいずれも曇りのち雨の予報となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ