巨人、ファームの体質一変! “2軍慣れ”中堅を整理…若手育成を断行

 巨人の2軍はイースタン・リーグ5連覇へ黄信号がともっても、近年にない活気に満ちている。昨秋復帰した原辰徳監督(60)の新体制で、ファームの体質が一変された成果だ。

 25日のイースタン・リーグのロッテ戦(ジャイアンツ球場)は、前日24日に2軍落ちした加藤脩平外野手(20)の2ランで先制し、相手の反撃を1点に抑えて勝利。首位ロッテに6ゲーム差の4位というここまでの戦いぶりにも、球団フロントに悲壮感はない。

 「もちろん勝つに越したことはないが、ファームが優先するべきは目先の勝利でなく、1軍の勝利に貢献すること」

 チーム犠打23個はリーグ最少。断然トップの同141個だった昨季とは、選手に求められるプレーが様変わりした。「試合終盤に相手の中軸が送りバントをしてくると、去年までウチもそうだったなあと。今年は長打が持ち味の選手には、最後までしっかり振らせる」。それで試合に敗れたとしても、1軍のレギュラーを狙える選手を育てる方が重要だ。

 野手より整理が進んでいない投手陣も、先発要員でFA補強した大竹、野上は今季2軍で中継ぎ専従。先発ローテは将来性のある若手が中心だ。

 この日対戦したロッテ2軍には1軍経験が豊富な選手も多いが、昨季までの巨人2軍もそうだった。たまに1軍に呼ばれても定着は無理だと自ら線引きしてしまった選手は、ファームの練習に身が入らない。それでも2軍ではそこそこの成績が出せるメンバーが、昨季イースタン4連覇した強さを支えた側面もある。

 だが連覇が始まった2014年を最後に、1軍は優勝から遠ざかっている。新体制のフロントは反省に立ち、昨季終了後に「悪い意味で2軍慣れしてしまった中堅野手の整理」を断行。今季の支配下選手は12球団最少66人で、上限まであと4枠も育成選手にチャンスがある。同69人で狭き門のロッテとは対照的だ。

 しかも原巨人は前体制とはスピード感が違う。5月20日に上原が現役引退し支配下枠が1つ空くと、有望な育成選手を次々と東京ドームでの1軍練習に呼び、指揮官にアピール合戦させた。加藤が9日に支配下登録を勝ち取り、13日にさっそく1軍デビュー。これでファームの若手が活気づかないはずがない。中継ぎで1軍に再昇格した20歳左腕の大江は、22日に茨城・土浦のイースタン戦に先発予定だったが、急きょ前夜に東京ドームへ向かうよう通達された。

 すべては1軍のペナント奪回のため。ファームのぶれない方針が、セ・リーグ首位に立つ1軍の進撃を支えていく。(笹森倫)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ