NBAドラフト1巡目指名の八村塁に祝福続々!“先輩”渡辺雄太「まじですごい事です」

 米プロバスケットボールNBAのドラフト会議が20日(日本時間21日午前)、ニューヨークで行われ、日本代表でも活躍する八村塁(21)=ゴンザガ大=がワシントン・ウィザーズから日本人初となる1巡目(全体9位)での指名を受けた。この快挙にネットでは祝福の声があふれた。

 ツイッターでは「ウィザーズ」「#NBAドラフト」「#八村塁」「八村9位」「歴史的瞬間」など、関連ワードが続々とトレンド入り。「9位!ウィザーズ!泣けた」「9位でウィザーズ!!一桁はやばいって。今日からウィザーズファンだわ」「全体9位でワシントン ウィザーズ!!日本バスケの歴史が変わる瞬間を見れてよかった、、、」と、多くの米メディアが予想した、全体10番目以降の指名を上回る9位での指名に歓喜する声が上がっていた。

 日本のバスケットボール関係者からも喜びの声が。NBAグリズリーズでツーウエー契約を結んでいる渡辺雄太(24)は「ルイがウィザーズへ! おめでとう!!!DCは自分の第2の故郷と言っても過言ではないので、なんか嬉しいです」とコメントし、「#るい」「#9位」「#まじですごい事です」とハッシュタグを使ってのお祝い。男子プロ、Bリーグ1部(B1)で日本出身選手初の1億円プレーヤーとなった、日本代表の富樫勇樹(25)=千葉=も「Congratulations @rui_8mura!!!」と祝福している。Bリーグ1部の川崎は公式ツイッターで「#八村塁 選手、ドラフト9位で #ワシントン・ウィザーズ が指名!日本のバスケ界に、新たな歴史が刻まれました うおーーーーーー!!」と興奮気味だった。

 ワシントン・ウィザーズの公式ツイッターも「9位でルイ・ハチムラを指名! D.C.へようこそ、ルイ・ハチムラ!」と、さっそく歓迎のコメントをし、八村がプレーする動画を掲載している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ