五輪チケット当落、一時135万人3時間待ちも

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、5月下旬に申し込みを締め切った五輪観戦チケットについて、公式販売サイトで抽選結果を発表。申込者全員に順次、当落の結果を通知した。サイトにはアクセスが殺到し、終日、サイトを開くまでの待ち時間が長くなり、組織委は対応に追われた。

 当落の詳細は、申し込んだ際に利用した公式販売サイトの「マイチケット」のページで確認できる。当選した場合、ステータス欄に「(当選)購入手続き期間中」と表示され、購入手続きへと進行。当たった枚数分の来場予定者の名前を全員登録する必要がある。

 組織委は抽選結果について、この日午前2時ごろに公式サイトに表示させた。通勤時間帯に入る午前7時ごろからアクセスが急増し、サイトを開くまで100万人以上が待つ状態に。午後1時現在で待機者は約135万人に上り、3時間待ちとなった。

 当選したチケットの購入手続きの締め切りは7月2日午後11時59分。複数のチケットが当選した場合、一部のみを購入することはできない。手続きを完了しなかった場合、当選は無効になる。組織委は期限の7月2日もアクセスが急増する可能性があり、「前日までに手続きを済ませてほしい」としている。

 今回、抽選に外れても、秋以降に先着順販売、来年春以降は公式販売所で窓口販売が行われるほか、公式リセール(再販売)サービスも用意されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ