交流戦、巨人対オリでなぜか「高橋由伸」がトレンド入り!? ネット「一旦落ち着こうか」

 日本生命セ・パ交流戦の巨人対オリックス1回戦が行われた18日、ツイッターで「高橋由伸」がトレンドに入る“珍事”があった。

 東京ドームで行われた同カード。初回の攻撃で巨人・丸佳浩外野手(30)がオリックス先発の山本由伸投手(20)からバックスクリーン右に先制の2点本塁打を叩き込んだ。このとき、テレビの実況アナウンサーが興奮気味に「今シーズン3本しかホームランを打たれていない“高橋由伸”から…」と絶叫。そして少し間を置き、「山本由伸から放ちました!」と訂正し、実況を続けた。

 高橋氏は言わずと知れた前巨人監督。山本を高橋と言い間違えてしまったこの実況にSNSのユーザーが即反応した。ツイッターには「山本由伸やなw」「興奮しすぎて山本由伸なのに高橋由伸って言っちゃったね 一旦落ち着こうか」「気持ち分かるけどね」「山本由伸、苗字が山本でありふれてるから由伸ってみんな呼んでるし僕もそう呼ぶしかないんだけど、僕の中での由伸は高橋由伸一択だったから実はかなり混乱している」「山本由伸を高橋由伸と呼んでしまったアナウンサーのジャイアンツ愛に惚れる」などのコメントが殺到した。

 試合は巨人がオリックスに4-3で競り勝ち、3連勝。広島がロッテに敗れたため、5月20日以来、1カ月ぶりにセ・リーグ単独首位に立った。交流戦も9勝4敗で2位をキープしている巨人。ペナント&交流戦のダブル制覇も視野に入ってきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ