久保建英がレアルへ ネット「これはヤバい」「そっちに行ったのか!」

 サッカーの日本代表MF久保建英(18)が名門クラブ、レアル・マドリード(スペイン)に移籍すると14日、報じられた。日本サッカー界の至宝が世界一のビッグクラブへー。このニュースにネットも大興奮。SNSでは「これはヤバい」「興奮と驚きが止まらない」などの声があがった。

 リアルタイム検索では「レアル」「久保レアル」が上位に入り、ツイッターでも「レアル」「久保建」「禁断の移籍」などの関連ワードがトレンドに入った。ツイッターには「レアルで鍛えられてスーパー選手になってほしいわ」「長友インテルや香川マンUも衝撃あったけど、日本人でレアル入りする選手が現れるとはなぁ。日本のレベルが年々上がってる証拠だね」「レアルのトップに立つ姿が見たい」などのコメントが殺到している。

 バルセロナ(スペイン)の育成組織出身の久保建は、2国間移籍に年齢制限を設ける国際ルールによって2015年に帰国を余儀なくされた。そのためネットでは久保の“バルサ復帰”を望む声も依然根強く、「バルサじゃなくてそっちに行ったのか!!!!」「レアル行くの?」「キャプ翼コースじゃないのね(笑)」「バルサファンとしては残念な限り」「まず18で禁断の移籍ってやばくね」など、戸惑いの声もあがっている。

 今月4日に18歳となった久保建は今季、J1首位のFC東京で13試合に出場し、4得点。日本代表デビューも果たした。武器は巧みなドリブルと左足の正確なキック。東京五輪での活躍も期待されている。久保建の移籍をめぐっては、バルセロナやパリ・サンジェルマン(フランス)などのビッグクラブの名前も挙がっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ