ブルース、歓喜の初優勝 NHLスタンリー杯

 敵地で悲願の初優勝を決めると、ブルースの選手たちは抱き合って喜びを爆発させた。シュート数はブルーインズの33本に対し、20本。それでも好機をしっかりとものにし快勝を収めた。

 第1ピリオドに後方からのシュートの角度をオライリーが変えて先制し、約3分後に主将のDFペトランジェロが持ち込んで巧みに決めた。完全に優位に立つと、GKビニントンの守りも光った。

 1970年の決勝でもブルーインズと顔を合わせたが、1勝もできずに王座を逃した。49年前の雪辱を果たし、ペトランジェロがスタンリー杯を高々と掲げた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ